知らなかった。驚いた。

STAP細胞事件に関わっている某人物が、「ハーバードで研究をしてきたOさんに、実験ノートを見せろとは言えなかった」と報道陣に漏らしたそうでは無いか。

いやー知らなかった。正直その発言が、「そのように考えさせてしまう土壌(というか環境?)で、あの人達が研究をしている」という事実をさらけ出したも同然。そのような劣悪環境が存在するなんて姉さん知らなかった。

まず、記録や証拠としての実験ノートの存在を軽く見過ぎ。。。それが一番大きな問題。そしてさらに、そこからぶら下がっているショッキングな事実は実験ノート、まるで下着扱いなところ。この人の実験ノートは見たら悪いとか、この人のなら見てもいいとか、そんな風に考える自体がありえない。そこにその人の経歴が影響しちゃうのは何故?

実験ノートなしでは、研究は成り立たないって姉さんは思うなあ。実験ノートは、何の実験をどうやってやってどういう結果が得られたのかコツコツ全て記録して、研究者が「俺は仕事をした!」というための証拠なのです。その研究者自身にとっても大切な記録となり、自分で実験のトラブルシューティングを行うのに役に立つし、何よりも論文書く時に「何をどうやった」っていう記録がなかったら困るでしょ。他の研究者(特にボスとか)と議論するときもやっぱり証拠としてみせるものなのです。というか、まともなボスなら、実験について話し合う時に、まず「実験ノート見せなさい」というし、それもあって学生の頃から「ああやっぱり実験ノートはしっかり記録していかないと」っていう感覚がさらに身に付いてくるんだと思う。

そして、実験ノートの証拠としての大切さは、誰がそれを書いていようが変わらないはず。こそこそ記録して、下着みたいに扱うものではない。誰が見たっていい様に堂々と書くのが実験ノートなのだから。姉さんの周りのPI(Principal Investigator: Oさんのポジションと同じ。研究室を持つ立場。)は、他の少しランクが高いPIにアドバイスを求める時も、実験ノート持っていくぞ。過去にどこの研究所にいたとか、関係ない。実験について話し合う人間同士、「ん?」と思ったら「ちっとノート見せて、もっと詳しく説明して」という権利があるんです。

「ハーバードで研究してたから」とかいう経歴のせいでここまで扱いが変わってしまうなんて。日本特有の上下関係に加え、変な経歴主義?みたいなものが働き、さらに証拠をもとに議論できない奇妙な体質がハビコっている環境でけんきゅーを行うと、何が出来上がるか、というのが良く分かるのが今回の事件。

。。。

何かアッセイを設計する時とか(実験の設計をする時)、その実験の結果について話し合うときも、実験ノートは登場しなかった訳か。。。となると、良くても、パワーポイントに適当に貼付けたデータを元に議論がなされてたことになるな。電子ノートブックに記録してた訳ではなさそうだし。

普通、パワーポイントは結果をまとめて考察して発表するための道具だし、それだけを元にして研究を進めていくラボは見たこと無いなあ。というか、それは上辺だけを見ることになって危ないので、普通は研究室単位でじっくり話し合うときはやらない。本当に、どうやって研究してたんだろう。

まあ、ここまで色々さらけ出されると、もはやあれは研究ではなく、膨大な税金を費やして行われた、ただの詐欺だということが明らかだ。一生懸命働いて税金を納めている国民を尻目に、高尚なふりをして行われて、一見(一般の人からは)分からない壮大な詐欺。最悪だ〜しかもこれ氷山の一角。。。

うーんでもここまでひどいのは聞いたことも見たこともないかも。これってやはり分野のせいもあるんだろうな。

Tag:セントルイス生活-ランダム  Trackback:0 comment:0 page to top

Comment

comment form
(編集・Delete用):
管理者にだけ表示を許可
Profile

虫とり姉さん

Author:虫とり姉さん
カメやらムシやら、動植物の観察が趣味。

一応ランキング参加

にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
登場人物
じろ(アカミミガメ)

1998-

しいたけ(クサガメ)

2007-2012

ちびたん
(カンバーランドキミミガメ)


2013.7-

アリソン(留学生)

2008.11-

ピっちゃん(オカメインコ)

2006.5--

うーちゃん(イヌ)

2004-

ぽん(ネコ)

2002-
Search Form