驚いてないけど

正直に言うと、理研のSTAP細胞の件、個人的にはあまり驚いていない。この事件と、過去に自分が見た日本の研究室で感じた数々の事との繋がりを感じてしまったのだ(大学院のやつ)。でも、なんとなく考えをメモ程度に書き残したくなった。

日本の生命科学系の研究を担っている研究室全てが、あのような杜撰なことをやっているわけではない。日本社会独自の、データに基づいた論理的な議論が出来なかったり、過程を重んじず議論なしで結論にたどり着いたりする(誰か「偉い」ヒトの感情移入で結論が決まる)仕組みは間違いなく研究室内でも働いていて、それが今回の様な事件の温床となりやすいという確信はあるが、生命科学系基礎研究を担っている全ての研究グループや研究者が、今回引き合いに出されている方々の様に杜撰なことをしているわけではない。

幸い姉さんが知っている日本人研究者の人々は、面白い研究を、研究対象に愛情というか愛着というか、そういった感情を持って行っていると思う。彼らには、自らが行っている仕事に対するこだわりがある。それはもしかしたら、分野が本当に基礎の基礎の生命科学だからかも知れない。端からすると「何の役に立つの」と思われかねない純生物学的な分野であり、今回取り上げられている医科学系の基礎研究(ゆくゆくは医療に応用することを目的としている基礎研究)とはかなり遠い分野である。姉さんとしては、そういう分野は、身近な生物に対する人々の興味を喚起するという点でとても重要だと感じている。彼らは日々、実験対象の奇麗な顕微鏡画像を撮ることに試行錯誤したり、上手くいくとその画像に純粋に感動したり(それをパソコンのデスクトップ画像にしたり笑)、実験で自分が得た生のデータを真摯に受け止めて、それを元に次の疑問を抱き、その疑問に答えを出すべく次の実験をし、徐々にその生物についての理解を深めていく(今から考えれば、学部にいた時にそのような研究者達に囲まれて育ったことは重要な経験だった)。

例え分野が異なっても、実験対象やデータに対する純粋で真摯な態度を持つ事は大切である。というか、自分の仕事に愛着があって、仕事の上での明確なゴールがあったら、自然にそうなるのではないか。この事件や過去の別件の捏造事件に関わった人達、実験プロセスにも何も疑問を抱かなかった人達、自分の仕事にはこだわりを持っているのだろうか。うまく蛍光顕微鏡画像がとれた時の喜びとか、知らないのだろうか。自分が撮った画像とかデータとかにこだわりがないのだろうか。大事な論文に載せる画像を使い回したり、どこかのウェブサイトから勝手に切り取ったり、自分の研究や研究対象に愛着があるなら、そのようなこと普通はしない。博士論文に膨大な量の剽窃があったりとか、自分で書いた博士論文に何もこだわりはなかったのだろうか。こだわりなくして本当に研究者なのだろうか。論文の出来映えとか、実験プロセスの詳細にまでこだわるのが研究者だと思うのだが。「競争が厳しい分野だから」とかそういうのは言い訳にならないと思うのだが。あまりにも適当すぎると思うのだ。それが研究に関わっている姉さん個人として非常に疑問。

あと、研究者自身のメンタリティだけでなく、そのグループがいる研究組織に関しても疑問が湧き出るばかり。まず大学院。あの博士論文も、さすがに姉さんが出た大学院ですら(当時は。今は知らない)、オーケーとは言わない。指導教官が一応目を通すし、変だろと思ったら注意されるし、それがなくても審査会がとめるだろう。剽窃は日本ではそこまでウルサく言われないが、アメリカの大学にいたら「ルール違反です」と言われる(やっちゃうヒトはいるけど、普通ばれるし、ばれるということは処分に繋がる。アメリカのサイエンスはルール違反に対する罰がもっと徹底しているし、皆それに対してもっと敏感である)。しかも、剽窃の量が前代未聞。とりあえず、彼女自身が再現実験を成功させることが出来れば、トップにある問題は解決するだろうが、仮に成功したとしても「じゃあ成功したから、君が今まで博士課程でやらかしたことや博士論文やNatureに投稿した論文の不適切さは見逃してあげるね」とはならない事を祈る。日本の中だけで収束させてしまえることならそうなるのだろうなーと思うが、現実はそこまで甘くないと思う。海外を巻き込んでいるから。そしてこのようなヒトをユニットリーダーにした理研。どうして日本のサイエンスの人選はいつもおかしな方向に行ってしまうのだろう。どうして事実や実力に基づいた人選が出来ないのだろう。

最後の疑問はマスコミの報道のやり方。これは疑問というより批判。マスコミはドラマ仕立てのストーリーを作ってニュース報道するのを辞めるべきだ。彼女に非が無いとは言わないが、彼女はマスコミの食い物にされた、被害者であると言えると思う。STAP細胞という世紀の大発見があったのなら、それについて分かっている事実を報道するべきで、その研究を行った本人が女性だからといって、私生活のことや写真をバラまいて良いのか。「リケジョ」とか訳の分からない造語を使ったオボ○タさんに関する(主に私生活に重きを置き、「女性であること」を演出する)報道を聞いて、姉さんはサイエンス好きな女性として非常に嫌な感じを覚えた。サイエンスの大発見に関する報道のはずが、ただの感情的でsexist(性差別的)な何だか分からないニュースに置き換わっている。結局、マスコミにより、オボ○タさんは私生活まで根掘り葉掘りされ持ち上げられた後、(自分のミスにより)今度はどん底まで突き落とされることになってしまった。STAP細胞の発見の時も、不正発覚の時も、彼女個人にマスコミが食いついてしまった結果である。前者の時はSTAP細胞、後者の時は彼女が属するグループや彼女に博士号をだした大学院のクオリティ自体が焦点になるべきではなかったのか。ここまで短期間で持ち上げられて、たたき落とされたヒトは見た事が無い。マスコミには罪があると思う。彼女自身も、ここまで脚色されて報じられるとは思っていなかっただろう。

マスコミに報道された事は全世界に散らばっていくから怖い。そういう意味で、マスコミのあり方はもっと議論されるべきである。ただ、メディアは国民の質(傾向?)を反映する、というのでメディアだけのせいではないのかもしれない。実際、「感情的でsexist」「実際の実験対象やデータから議論が逸れてしまう」研究環境は多いからである。結果的に頓珍漢な結論に達したり、個人が批判されて終わり、サイエンスがまともに進まない(でも進んでいるように見せる)。メディアの傾向に非常に似ている。あからさまにそう見えなくても、そうなりかねないポテンシャルを秘めている場合が多い。そう考えると、今回のオボ○タさん事件は日本社会や研究環境の問題を提起しているように思える。自分なりの解釈だけど。

何年か前にも書いたかもしれないけれど、日本の研究環境は、変えたいと思うヒトがもっと出てこないと一向に変わらない。こんなに問題が噴出していても、中にいる人々が変化を望んでいない。現に、理研の態度を見ていてそう思わないか。中にいるヒトの殆どが変化を望んでいないなら、変革を行うのは無理である。結果的に、変革を望んでいた少数派の人々は海外に出る事を選択してしまう。研究にこだわりがあれば、研究をより良い環境で行うために国境を越える事は今の時代容易い事である。こだわりがあればある程そうなるだろう。

一体どうするのだー日本。

Tag:恐怖のけんきゅーしつ  Trackback:0 comment:2 page to top

Comment

コロ健 URL|http://blog.goo.ne.jp/kentagoo1208/e/0fdeda1d345333808c869af8a3feadad
#pO/8eglk Edit  2014.04.13 Sun21:31
一体どうするのだー日本。
と、私も強く感じます。
この件の問題は、日本が抱えているいろいろなインチキが明らかになったところにあると思います。
日本、本当にピンチだと思うのです。
虫とり姉さん URL|Re: http://blog.goo.ne.jp/kentagoo1208/e/0fdeda1d345333808c869af8a3feadad
#- 2014.04.18 Fri08:01
> コロ健さん
どの国にもインチキはあるけれど、日本の怖いところは、インチキがあったときに、問題を起こした者を適切なルールに従って罰する事ができず、論点がずれていき曖昧になり、そのまま闇に葬ってしまうところです。なぜ科学の問題が科学の場で、科学のルールに則って未だに処理されていないのか本当に不思議です。
comment form
(編集・Delete用):
管理者にだけ表示を許可
Profile

虫とり姉さん

Author:虫とり姉さん
カメやらムシやら、動植物の観察が趣味。

一応ランキング参加

にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
登場人物
じろ(アカミミガメ)

1998-

しいたけ(クサガメ)

2007-2012

ちびたん
(カンバーランドキミミガメ)


2013.7-

アリソン(留学生)

2008.11-

ピっちゃん(オカメインコ)

2006.5--

うーちゃん(イヌ)

2004-

ぽん(ネコ)

2002-
Search Form