アケビコノハ発見

今日は某公園内でジョギング中に、とんでもないものを発見。

forblog701.jpg

forblog702.jpg

アケビコノハの幼虫。図鑑では度々お目にかかっていたものの、実物は初めて。

この色違いの終令幼虫2匹以外に、2令幼虫をゲット。合わせて3匹を誘拐した。ジョギングは虫捕りをしたせいで早めに終了。

アケビコノハの幼虫がいなかったら、そんなところにアケビが生えていることなど気がつかなかった。何株のアケビがあったのかは確認していないが、明らかに20頭以上は幼虫がついていた。都会でも、アケビって生えてるのか。

9月は姉さんにとって、1年の中でムシ観察最盛期。カメラを持ってジョギングした方が良さそうだ。

ところで、アケビコノハの幼虫は一体何に擬態しているのだろう。目玉模様と同じ色でハイライトされた稲妻のような模様は一体・・・この間のサザナミスズメが葉に擬態しているのと違い、こっちはまるで、捕食者を脅すかのような模様。

捕食者が色をどのように感じているのか知らないけれど、ハイライトされた部分に鍵があるのではないかと思い・・・そこが目立つように画像操作したら何か見えるかなと期待したんだが・・・

forblog703.jpg

何に見えますかね。

明らかに目玉が2つ、こっちを見ている。蛇の妖怪にしか見えないのは姉さんだけでしょうか。

--------------------------------------------------

Alison、世話を辞めてみたものの・・・世話をしていないケージの汚さと、餌と水を探し歩くAlisonさんの姿を見かねて、やっぱり飼い続ける(世話を続ける)ことに。今まで甘やかしていたせいか、夏の1ヶ月の断食(飲)では殆ど弱らず。ただ、痩せたらしく、以前よりも殻の奥まで引っ込めるようになった。

というわけで、唯のダイエット期間みたいになってしまうわけだが・・・

たぶん、ヤドカリの欲求に完全に答えようとするから世話が大変になるのだろうな。

再入国に関しては・・・うん、作戦を練り直そう。

Tag:ペット達  Trackback:0 comment:2 page to top

Comment

itotonbosan URL
#zskq6GdQ Edit  2013.12.19 Thu17:51
私はアケビコノハを見つけたとき,
何故こんな所に枯れ葉があるのだろうと思いました。
よく見たらアケビコノハだったので驚きました。
後翅の黄色が鮮やかで,また驚きました。

幼虫も運良く見つけました。
目玉模様が2対もあってまたまた驚きました。

アケビコノハとの出会いは驚きの連続でした。
虫とり姉さん URL|Re: No title
#- 2013.12.20 Fri13:21
> itotonbosan
私もアケビコノハの幼虫を見つけた時はすごくびっくりしました。あれが大量にいたので。。。しかも2令幼虫くらいから終令幼虫まで様々な大きさのがいました。本当は持って帰ってきた2匹を成虫まで育てたかったんですが、かなりの量のアケビの葉を消費するので補充が間に合わず、しぶしぶ元のアケビの木に戻したんですよ。またあーいう「びっくり!」に遭遇したいなと思います。
comment form
(編集・Delete用):
管理者にだけ表示を許可
Profile

虫とり姉さん

Author:虫とり姉さん
カメやらムシやら、動植物の観察が趣味。

一応ランキング参加

にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
登場人物
じろ(アカミミガメ)

1998-

しいたけ(クサガメ)

2007-2012

ちびたん
(カンバーランドキミミガメ)


2013.7-

アリソン(留学生)

2008.11-

ピっちゃん(オカメインコ)

2006.5--

うーちゃん(イヌ)

2004-

ぽん(ネコ)

2002-
Search Form