歪んでいる。

目的や原理を一切無視して、適当な実験をして、都合良く見たいものだけを結果として得るヒト達が「優秀」

彼らの下で、頓珍漢なことばかり教えられ、なかなか結果がでないヒト達は「劣等」

上辺だけの基準。

常にその2グループに分けられ、パーソナリティ等の要素はどこかにかき消えている。

研究室に入ってすぐに、ポスドクに指導されて行った条件検討実験は全く意味のないものだった。それ以降の実験も同様。

スタートポイントが既に間違っていたのだ。

それに気付くのに、独学で一年もかかってしまった。

実験が上手くいかない原因を絞り込もうとしていた私は、「きっちりやりすぎ」ですか。

研究室という団体で暮らしているのにも関わらず、他のメンバーと意味のある学術的な議論はできず、外部の論文だけを頼りに、内向きな研究をせざるを得ない。

自業自得、だろうか。

始めから誰も信用しなければ、そんな議論など期待をしていなければ、このようなことにはならなかった。

そう考えると、悔しい。

でもそんな自分の感情も、激しく歪んだものに思えてくる。

Tag:恐怖のけんきゅーしつ  Trackback:0 comment:0 page to top

Comment

comment form
(編集・Delete用):
管理者にだけ表示を許可
Profile

虫とり姉さん

Author:虫とり姉さん
カメやらムシやら、動植物の観察が趣味。

一応ランキング参加

にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
登場人物
じろ(アカミミガメ)

1998-

しいたけ(クサガメ)

2007-2012

ちびたん
(カンバーランドキミミガメ)


2013.7-

アリソン(留学生)

2008.11-

ピっちゃん(オカメインコ)

2006.5--

うーちゃん(イヌ)

2004-

ぽん(ネコ)

2002-
Search Form