ヤドカリ脱皮後

ヤドカリ(Alison)が最近脱皮をした。

前にも書いたのかもしれないが、それでももう一回書いとく。

ヤドカリって、普段はあまり餌を食べない。というと語弊があるかも知れないので言い換えると、一日に大量に食べるということはしないが、毎日コツコツ少量ずつ食べる。

ところが、一か月以上前、Alisonが突然毎日がつがつ食べ始めた時期があった。なんかやけに食欲あるな、と思って食べるだけ色々食べさせていたのだが、ただ単に水槽をリニューアルして遊び場を増やしたので喜んでいるだけだと思っていた。だが、今になって考えてみると、あれは脱皮前の過食期だった。そういえば水もやけに沢山飲んでいた。

食欲な旺盛な時期が2週間くらい続いた後、Alisonは突然水槽内に置いてあった段ボールを掘ったりちぎったりし始めて、餌をまったく食べなくなった。

実はヤドカリって1年に1回以上は脱皮するものなのだが、Alisonは2008年11月頃に購入してからまだ脱皮したことがなかった。というわけで、段ボールをちぎり出した頃から、これが脱皮の前兆なのかも知れないと思い始めた。

脱皮といえば、ヤドカリって普通砂に潜ってやるやつが多いと言われているのだが(天敵に見つかることや、乾燥を防ぐため。)・・・Alisonはなぜか砂には潜らず、サンゴ砂の上にうずくまってじっとしていた。それがスタンダードな脱皮の仕方なのか良く分からなかったが、姉さんはとりあえずAlisonのやり方でやらせることにした。ただし、クーラーとかの風で乾燥するといけないので、濡れたティッシュが常にAlisonを覆うようにできる道具をつくり被せておいた。

で、結果発表の時間です。

Before
forblog562.jpg

After
forblog561.jpg

気付いた点

・なんか色が色が変わっとる!
・顔は変わってないし、やっぱり可愛い。
・Jasmo(Alisonと一緒に購入、姉さんが世話を怠ったがために、1年ちょい後に死亡)との戦いで短くちょん切られたヒゲ2本が復活。
・飼い主の意に反し、ダサいペイント貝殻がまだお気に入り。
・足に金色の毛がぼうぼうに生えている。

飼い主的には、変な絵の書いてある貝殻は捨てて、ふつうの貝殻に入ってほしいのだが・・・脱皮をして体が大きくなったにも関わらず前の貝殻に固執している。なにかアメリカの思い出でも詰まっているのだろうか。

まぁ何はともあれ、無事に脱皮が済んで良かったです。

Tag:ペット達  Trackback:0 comment:0 page to top

Profile

虫とり姉さん

Author:虫とり姉さん
カメやらムシやら、動植物の観察が趣味。

一応ランキング参加

にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
登場人物
じろ(アカミミガメ)

1998-

しいたけ(クサガメ)

2007-2012

ちびたん
(カンバーランドキミミガメ)


2013.7-

アリソン(留学生)

2008.11-

ピっちゃん(オカメインコ)

2006.5--

うーちゃん(イヌ)

2004-

ぽん(ネコ)

2002-
Search Form