ペット特集(恒温動物編)

今回はあったかい動物の特集。

朝のひとコマです。

forblog428.jpg
うーちゃん。「写真をとりますよ」と言ったら興味津津。 うしろに見えるしっぽはポンタのやつ。

forblog429.jpg
ぴっちゃんは「これから悪いことがしたいのに邪魔されたくない。」って顔しとる。

forblog430.jpg
取っ組み合いが始まる予感。

forblog431.jpg
ぴっちゃんがやりたかった「悪いこと」とは、椅子の背をかじることだった。

forblog432.jpg
「辞めなさい」というと、反抗期の子供のような顔をするぴっちゃん。

forblog433.jpg
やはり取っ組み合いが始まる模様。

forblog434.jpg
うーちゃん楽しそうだな・・なんだあの顔は。たぶんポンタも楽しいんだろうな。

forblog435.jpg
うーちゃんなんか怖くないって言い張るピっちゃんをウーちゃんの横に招待しました。

forblog436.jpg
仲が良いのか悪いのかわからない二人。

---------------------------------------------------------------

話は変わってまたまた大学生活の愚痴ですが、
私の推薦状書くの面倒くさいって何回も私の目の前でいった人が、あなたならアメリカ行けますよとか言ってくる。

アメリカから帰ってきたばかりの時はそういう態度に慣れなかったけど、最近はむしろなぜか微笑むようにしている。

私にはああいった態度は理解ができない。

「行けますよ」なんてどうしてそんなに軽く言えてしまうのか。

行くにしても行かないにしても、これは勇気を要する決断なのだから、部下の推薦状の一つも自分の意見で書けない人(もしくは書くのにエネルギーを使いたくない人)がとやかく言う問題ではない。

このレベルでは、文句を最後まで言いながらでも"reference letter"にサインして下さってありがとうございましたとしか言いようがないのだが・・・

なんだかこの研究室にいると常識が分からなくなってくるよ。

上に立っている人(達)が非常識すぎる。

アメリカでああいう生活しなかったら、自分はこの環境に溺れてそういう訳の分からないしきたりに疑問を持たない人間になっていたに違いない・・・

こんな小さなことに振り回されて生きるなんて、視野が狭すぎると自分で思う。
たかが疑似職場での出来事のひとつなのだから。

でもこういう小さなことが降り積もって、人間性を変えてしまう可能性も無きにしもあらずなのでは・・・と同時に思う。

Tag:ペット達  Trackback:0 comment:1 page to top

Profile

虫とり姉さん

Author:虫とり姉さん
カメやらムシやら、動植物の観察が趣味。

一応ランキング参加

にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
登場人物
じろ(アカミミガメ)

1998-

しいたけ(クサガメ)

2007-2012

ちびたん
(カンバーランドキミミガメ)


2013.7-

アリソン(留学生)

2008.11-

ピっちゃん(オカメインコ)

2006.5--

うーちゃん(イヌ)

2004-

ぽん(ネコ)

2002-
Search Form